八期会会長就任のご挨拶    
       
2014年(平成26年)元旦
            
          神奈川県立横須賀高等学校八期会
                    
               会長 伊藤 義郎

 八期会員の皆様、新年あけましておめでとうございます。

 私儀、去る11月11日に開催された、県立横須賀高校八期会総会に於いて、
 会員各位のご賛同の下、会長に就任致しました八組の伊藤義郎です。 

  新年に当りまして、お祝辞と併せ、会長のご挨拶をさせて頂きます。

  私達がこの世に生を受けて以来、既に4分の3世紀が過ぎました。
  更には、昭和31年(1956年)に横須賀高校の校門を後に、各々が胸を
  ふくらませて飛び立ち、早や半世紀を優に過ぎました。

  先人はよく「我々は激動の時代を生き抜いて来た。」と、言われますが、
  私達八期生も人後に落ちるものではない、と確信致します。

  第二次世界大戦の勃発、そして敗戦、戦後の食糧難を克服しての経済的復興。
  昭和30年代からの景気の好不況の真っただ中にさらされ、荒波に揉まれる
  小舟のような体験を私達は幾たびとなくくぐり抜け、皆それぞれの置かれた
  立場で、世の為、人の為、更には家族の為にと頑張って来ました。

  そこで、私はこれからは、世に言う、公助・共(互)助・自助の中でも、とりわけ
  自助を中心に活動して行くことを提案致します。
  即ち、八期会に於ける諸活動、丑寅エイト、レクの会、囲碁やゴルフの会等を
  有効に活用し、これらに参加することによって旧交を温めるのみに留まらず、
  情報収集、脳トレ、健康維持や社会情勢の把握に努めてはいかがでしょうか。
 
  既に多くの諸兄姉がそうすることにより、自らの「老いを出来るだけ先に延ばす。」
  ことに心掛けておられます。

  自分は,どうも既設の活動には参加し難い、また合わない、自分はこのような活動の
  場が欲しい等のご提案も歓迎致します。  
  その際は、私に直接ご連絡を下さるなり、組幹事さんにお伝え願えれば、幹事会
  にて鋭意検討事項とし、採り上げて行きたいと思います。 

  会員の皆様の益々のご健康を祈念致し、又八期会への更なる積極的ご参加とご支援・
  ご協力をお願いし、私のご挨拶とさせて頂きます。 

横八ホームページのIndexに戻る