横八会員投稿 No. 522

題名:我が体験、カラオケマイク商法
投稿:近藤礼三 (6組)
掲載:2013.03.10

我が周辺の同輩は昨今カラオケが大好きです。
私は以前は好きな方だったが、いつも昔の曲ばかりで、最近は持ち歌の新陳代謝が無い自分に嫌気、
そうなると次は近藤だと言われても歌うのが恐ろしい気持ちです。

意気地無し、少しは最近の皆様の威勢にあやかりたい。
そこで先ずはトレーニングだと手を出したのが、最近新聞に1頁の大見出しで広告を出している「カラオケ1番300曲」
というカラオケマイクです。


千昌夫、チェリシュの僕たちが使っている数十万円もするプロのマイクとちっとも変わらない。
300曲付きで、お値段はなんと¥10,500(スペアーマイク¥3,980は別料金)、送料¥840を加え¥11,340の
お値打ち品というあの広告をご存知の方は多いと思います。

我が家には一時代前のレザーデスクの時代、当時は男子専科だったバーのカラオケの創世記の時代に
購入したカラオケ・レザーデスク曲が数えたら312曲、その頃は時に友人を家庭に招き、家庭カラオケも
楽しみましたが、諸環境も変わり家庭でカラオケの雰囲気は程遠く、いまさらカラオケマイクを買うよなんて
家内に事前に話したら一蹴間違えなし。

そこで内緒でこっそりとインターネットで注文、
3日後に代金引換で製品が到着しました

テレビに取付けは広告通り簡単、画像が静止画なのは値段からみて予想通り、曲の流れに合わせた歌詞の
色が変わりが、カラオケバーに較べると密度が荒いので合わすにはちょっと程度慣れが必要です。
まあ、これらは値段相応でしょうがないのかな。

問題はマイク内蔵の300曲の内訳です。
英語曲81曲、沖縄曲30曲、沖縄民謡12曲で童謡・唱歌約70曲を合わせて計200曲は、通常のカラオケ
ユーザーには縁遠く、
カラオケの選定の対象になるのは約100曲しかありません。

そして追加曲のリストが同封され、容量50曲まで追加可能のカートリッジ1個¥3,980を無料サービス、追加1曲¥210、
5曲無料サービスというわけで、最初から曲を追加しなければ実用にならない仕組みになっています。

結果として、私も付属の追加リストの中から家庭で歌われそうな有料45曲+無料5曲の計50曲を選び、下記の料金の
追加で注文しました。
                  追加曲45曲×¥210=¥9,450+送料¥840=¥10,290

数日後、追加50曲を仕込んだ
カートリッジが到着しマイクに装填、ひとまず家庭カラオケの道具が調いました。
そして我がパソコンに3日掛りで350曲をインプット、データー変換で曲名順と歌手・種類順の選曲リストを両方を作成し
用意万端という次第です。

以上の投資金額合計をまとめると以下の通りです。   
        カラオケマイク 300曲内蔵  ¥11,340
        追加50曲             ¥10,290
          合計              ¥21,630

但し、私が選んだ追加50曲は年寄り好みの曲ばかり。
昨今の曲に強い人に追加曲のリストからさらに50曲を選んでもらい、追加投資¥11,340は避けられないようです。

最初は程々に使えればよい、オプションで稼ごうじゃないか。
これらは伝統的なアメリカの自動車セールス商法や近代のパソコンインク商売のセオリーで、カラオケマイクの商法も
これらと似たようなものです。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁
伊藤博目次へ戻る