横八レク 2013年 第2回  春のウオークの誘い

                    2013年3月5日  レク委員  近藤礼三

例年にない寒冷の冬を乗越え、日一日と春へとそして待望の桜のシーズンを迎えます。
さあ皆様、春です一汗流して温泉、そしてさあ乾杯!と行きましょう。

開催日       : 2013年4月4日(木)
集合、出発場所 : ヴエルクよこすかロビー 集合12時50分、午後1時出発
              (丑寅エイトの開始の午後2時より1時間早いのでご注意)
ウオーク      : ヴエルクよこすかを出発し横須賀海岸通りを馬堀海岸の横須賀温泉・
             「湯楽の里」まで約7キロを歩きます。
到着場所     : 横須賀温泉・湯楽の里
             〒239-0801 横須賀市馬堀海岸4-1-23  Tel. 046-845-1726
予定到着時間  :午後3時半〜4時     最終4時30分
解散        :入浴、食事の状況により現地にて決定 


1.コース案内
  ヴエルクよこすかで既に10年以上にわたり毎月丑寅エイトや囲碁の例会が催されていますが、
  今回は建物を出て海岸方向とへ向かいます。
  時代は昭和から平成へ、横須賀の三笠脇から馬堀海岸に至る大規模な埋立てで、我らが
  記憶する横須賀下町の海岸線や安浦等の懐かし街並みは平成町という臨海の姿に変貌しました。

  この大埋地を縦断する道路が「よこすか海岸通り」で、普段は車で僅か10数分で通り抜けて
  しまいますが、今日は春の陽光を浴び猿島をゆっくりと眺め、変貌した姿をこの目で見ながら
  歩きます。さあ出発です。

  先ずは横須賀新港、やがてハウジング・センター、うみかぜ公園*、巨大な下水処理施設脇を通ります。
  そしてLIVIN、エイザイ、横須賀漁港、海辺公園* 等々、バブル最盛期に立案されたこれらの規模は
  とにかく大きいです。
                   * 公衆トイレ有り
  出発してから4キロ、堀之内まで来ました。
  そして後は大津、馬堀の海岸の大型店通りを通り、終点の日帰り温泉「湯楽の里」まで残り3キロです。

2.ゴールの最終時間を午後4時半と決めます。
  途中で歩くのをあきらめた場合、また海辺つり公園(堀の内)の出発時間が午後3時半を過ぎている
  時は海岸通りから国道16号へ出て、最寄のバス停にて、観音崎公園、防衛大学行きバスに乗車、
  馬堀中学校入り口下車、徒歩4分で「湯楽の里」へ到着して下さい。

3.終着「湯楽の里」に到着後   
  各自で入館券(平日料金¥1,000)を購入し入浴して下さい。

4.入浴終了、集合時間と会食
  入浴終了の集合時間をひとまず午後5時半と決め、会食開始です。
  会食のメニュー、飲み物、支払い方法はその時点で決めます。
  幹事案としては、春一品定食、天ぷら盛合わせ又は\1,250,季節膳\1,150、に飲み物を加え1人
  計¥2,000程度で割り勘を考えています。   

5.服装、用意する物
  服装は当日の天候次第ですが、先ずは歩き易い気軽な服装と靴で、荷物も最小でお願いします。
  途中降雨の場合は路線バス利用を考慮しますが、当日の天候により降雨が気掛かりな時は
  折り畳み傘程度をご用意下さい。  
  また入館券にはレンタルタオル・フエイスタオル付の表示はありますが、ご自分で手ぬぐいとタオル、
  着替の持参を薦めます。

6.天候不良の場合
  はじめから天候不良の場合は中止します。
  中止の場合に限り、横八Hpに掲載及びメールを流します。

7.食事と費用概算
  入館料¥1,000と食事代約\2,000(本人の選定次第)で合計\3,000程度です。
  
8.問い合わせ及び参加申込み先
  参加員数を把握のため3月30日(土)迄に近藤に口頭、電話、メール、FAX等にて
  参加の申し出を下さい。
  また当日直接に「湯楽の里」に到着地参加されても結構です。
  但し近藤迄その旨ご連絡を下さい。

9.責任者、連絡先
  当レクの責任は近藤が担当します。
  申込みの連絡先Tel/Fax 045-515-1326  
             メールアドレス:近藤へメール
  当日の連絡はケイタイ:080-6511-8772 を利用して下さい。

                                          以上        

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁
伊藤博目次へ戻る