横八会員投稿 No.520

投稿:近藤礼三 (6組)
題名:我後期高齢者、
    年末そして三が日は過ぎてゆきます。
掲載:2013年1月3日

年の暮れ大晦日
午後4時過ぎ、用も無いのに近隣を一回り。
私はその頃になると、家の所々に門飾りが置かれ、街中が心もち清掃され、車も少なくなり、
普段とは一味違う清められた雰囲気を味わうのが好きなのです。

そして早めの風呂を済まし、家内とシャンペンで乾杯、年越しそばを味わい、後は国民行事とも
言える紅白歌合戦を鑑賞するだけとは、世間に役立たずの隠居老人のような者です。

前情報では今年の紅白は、変わり映えのしない中高年歌手の歌は「また同じかよ」との批判に
応え、少々煙たいベテランをリストラ、視聴者アップには若い層にアピールが至上命令とのことで、
ステージはLED照明とスカイツリーで賑やかに。
さてその結果はいかなるものか。

我が感想は
老練組はこれまでの後半から前座へと格下げで、どうも勝手がちがうのか、シルバーシート
に座らされた感じ。一方ヤングはやるじゃないと感じました。
ある時は大真面目に先輩を立てたりして、とんだり跳ねたり、良い歌もあるし歌唱力も上等、、
でもソロでは力不足か、殆どが体力勝負の団体戦。

我が年代だって、この中から一曲ぐらいは覚えたいところですが、歌の本質が昔と違い、
残念ながら体力と共にとても付いて行けません。

それから皮肉に感じたのは、我が技術畑のシールドトンネルの建設現場をイメージした舞台です。
華やかな彩色、でも私は12月2日に発生した中央高速道の笹子トンネル上り線のトンネルの天井板落下
事故を連想させられました。
関係者の中にも気づいた人がいるとは思いますが、その時期にはもう舞台装置を変更するわけ
には行かないところまで進行していたのでしょう。

さて、とにかく紅白という番組は、お化けというか年々凄い番組になって行きますね。
総費用は100億に達するのだろうか。
馬鹿さに綿密な計画、何だか日本を凝縮した塊を感じさせ、この番組を作れるのは、世界広しとはいえ
多分日本のNHKだけでしょう。
レベルはとにかく、どえらい規模の番組だと思いました。

元旦
毎年思うのはもの凄い新聞の量、でも中味の質的には見るべき記事は殆どありません。
そして家内と二人だけのお正月料理にお神酒、老夫婦二人だけの生活は数年後はどうなるのかな。
10時頃に年賀状が到着。
午後腹減らしのウオークは二俣川駅までの3キロを猛烈な早足、帰りはサボってバス利用。
3時頃自宅に戻ると、足立君が我が家に来訪途中の最寄のバス停付近で迷い、家内が自転車で
迎えに行くところでした。
足立君は郷里の青森県三沢から届いたホタテとりんごの御裾分けをわざわざ我が家まで届けてくれました。


そして夜は、頂いた新鮮な特大ホタテの網焼きを肴に、恒例のウイーンフイルのニューイヤーズコンサートを聴きました。、
ああなんと幸せなことか
演奏もさることながら、ヨーロッパの強国に囲まれた誇り高きオーストリアの巧みな生き方を感じさせました。
22世紀の日本、アジアの中で強国に隣接し、過去の遺産や教養の高さを資産として細々と生きる日本、
あるいはこれが理想の姿かも知れませんが、私はふと100年後の日本の姿を連想しました。

2日目は箱根駅伝です。

テレビ画面の鶴見中継所でバトンタッチが終わると、そろそろ出掛けなくちゃ、携帯ラジオを持参し
バイクに跨り権太坂へ。そして10数年の定位置で花の2区を通過する全選手を見送ります。
細い脚は人間のサラブレット、アフリカ留学生2人の力はダントツです。

家に戻って暫く駅伝を中断、そして、そろそろ5区の時間かな、とテレビのスイッチON。
この番組の最大の見所は箱根の上りの5区の勝負です。
そして毎年思うことは
 1.男子が箱根なら女子は日光をやれば良いのに。
   箱根は海抜800m、日光は1100mの登りで国際競争にすれば大人気、近年の女子マラソンの力は強烈だぞ。
    家内曰く:パパは単純、日光のいろは坂は車が走るのがやっとの幅、箱根のように沿道の応援が
          期待出来ない駅伝なんて誰がやるものですかと一蹴されました。。

 2.アフリカ系黒人の脚力は2区ではダントツでした。
   彼等は5区の箱根の登りには人種的に向かないのかな、それとも5区に使わないという不文律があるのかな。
   
ところでこの番組は民間放送がNHKをやつけられる一年で唯一の番組、一昔前にNHKから奪ったNTVの
最大の宝でしょう。

午後は家内と近くの神社へ参詣、この数年、挨拶を交わす知人の数は、家内の方が圧倒的に多くなりました。
そして桜木町の伊勢山神社へ。

3日目
復路の9区になると勝敗はほぼ決まり、往路の熱気は薄れトップは安全運転です。
そこで権太坂に出掛けるのはやめてテレビ観戦です。

午後はテレビ録画の「居酒屋兆治」かチャップリンの「モダンタイムズ」見てやろう。
そして夜は日本では本場のウイーンに負けてはならじと、数年前から始まった「オペラコンサート」
を期待し我が三が日も終わります。

さあ、今年は何を目標として生きようか、

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁
伊藤博目次へ戻る