横八会員投稿 No.517

投稿:近藤礼三 (6組)
首題:横須賀中央繁華街変換スケッチ
掲載:2012.09.28

9月27日(木)の丑寅エイト第141回の始まる前の一時、ロビーで仲間達と近況を語り合う話題に
前日、大学の同窓の一人がメンバーである日本クラッシック・カメラ会の恒例の、東京銀座で
催される展示会に出掛け、ずらりと並んだ展示作品の中に、我が仲間なら誰でもが知っている
近くの「金星劇場」を被写体として捉えた作品が、「オールカラー成人劇場」という題名で展示されていた
ことを話しました。

それから暫く当時の映画館の話を交わすうちに時間切れとなり丑寅エイトの会場へと向かい、
丑寅会も定刻の4時に終了し、会館を後に中央駅へと向かった。

ところで金星劇場は今どうなっているのかな、そして中央駅の諏訪神社前にあったセントラル劇場は
今でもあるのかな?
そして閉店したサイカ屋本店の建物はどうなっているのであろうか?
私はこれらの建物がある横須賀下町に生まれて育ち、現状をこの目に収めたく二次会へと向かう
総勢に別れ、これらの現場へと足を運び、デジカメでその姿を残しました。

以下その報告をご覧ください。

その1.
京急横須賀中央駅の道路を挟む真向いの諏訪神社の入り口前に、セントラル劇場があり、
私は小学生の頃「ターザン」映画を見た記憶が残ります。
この場所は、横八仲間が最近三次会の定席になっているカラオケバーの至近距離にあり
カラオケを終わり中央駅へと向かう道筋でもあります。

ご覧の通り、セントラル劇場の影は無く、倉庫そして隣は焼鳥飲み屋でした。    

 
その2.
元松竹劇場横の道路を挟んだところにある「金星劇場」は昨今クローズされ、近々取り壊されるとのことです。

その3.
西友横須賀店
昭和30年代に横須賀に進出、下町商店街や三笠商店街の老舗に大打撃を与えた西友も
汐入にダイエイが出来ると売り上げは下降線。
近年はお客よりも店員の数が多いことも少なからず、遂に店仕舞い。
建物の取り壊しが進行中です。

その4.
サイカ屋本店
かっては横須賀の誇りであったサイカ屋発祥の本店。
数年前、本店は閉鎖され今年の初め頃から巨大な建物の撤去が始められ、残すは塀の高さ以下に
なったようです。
平地になった以降は何が立てられるのでしょうか。
かっては横須賀繁華街の頂点であったサイカ屋の地も時代の変遷で、商業として繁栄は望むべくもなく
恐らく、中央駅に近いという立地条件が売り物のマンションになるのではと想像されます。

私事ながら私は今様変わりが進む横須賀下町で生まれ育ちました。
小学校の同窓は商店街の姉弟が多く、今残っているのは三崎行きのバス停前の肉屋の「ヒロシマ屋」のみ。
我が実家もとうになく、虚しい気持ちを禁じえません。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁
伊藤博目次へ戻る 伊藤博投稿No.47に戻る